羽と剣 <9>

    走る馬車の窓からアルベールはジェローデル村を眺めていた。

    初めは一人だったはず いつの間にか隣にジルベールがいた。
    そしてある日赤ちゃんが来て三人になった。

    その赤ちゃんだったヴィクトールも最近おしゃべりして 自分達の後を追うようになった。
    ジルベールはめんどうくさそうにしていたが、アルベールは小さな手を精一杯伸ばして
    トコトコ付いてくるヴィクトールを可愛いと思った。

    "すぐにヴィクは大きくなる ぼくらと遊べるくらい。"

    村には子供が沢山いた。アルベールも時々村の子達と遊んだ。
    けれど大事な跡取り息子のアルベールはやはり特別扱いだった。
    アルベールはヴィクトールの成長を楽しみにしていた。
    二人で出来る遊びは限られている。三人ならきっといろんな事が出来ると。

    車窓のアルベールに気づいた村の子達が追いかけて来て声をかけた。
    「アルベールさま!」
    「止めてくれ」
    アルベールは馬車を止めさせた。

    息を整えながら一番年長の子が訊いた。
    「アルベールさま この大荷物 もしかして ベルサイユにお帰りですか?」
    「うん・・・」
    「こんなに急に」
    「父上の使いが来て 急に決まったんだ。お別れを言えなくてごめんね。」
    「そんな アルベールさま 謝られることはありません。」
    「これ みんなで食べて」
    アルベールは馬車の中にあった自分達のおやつを渡した。

    「屋敷にはヴィクトールがまだ残ってるんだ。仲良くしてあげてほしい。」
    「もちろんです。アルベールさま」
    お菓子を受け取りながら 少年は答えた。

    馬車はまた走り出した。
    手を振るアルベールに いつの間にか増えた大勢の子供達が両手を上げて応えてくれた。
    一緒の馬車に乗っていたジルベールも 何だか人気者になった気分で大きく手を振った。

    「あれ 兄上何で泣いてるの?」
    村が見えなくなって 馬車の車内に落ち着くとジルベールが尋ねた。
    「泣いてなんか いない。」
    「うそだ 泣いてるじゃないか」
    「ふんっ!」
    もう何も答えずアルベールは外を眺めた。

    ベルサイユに行けば自分はもう子供じゃいられない。そんな気がした。
    自分はジルベールやヴィクトールとは違う。跡取りなのだと。
    だから父上に呼ばれたのだ。これから立派な跡取りになるための勉強が始まる。

    "頑張らなければ・・・"

    自分には さっき手を振ってくれた子達を守る義務がある。領民を守る義務が。

    "泣いてなんかいられない。"

    そう思うけれど それがどういうことなのかよく分からない。不安だった。

    (つづく)
    スポンサーサイト

    京成バラ園スペシャルトーク

    5月18日(月)に京成バラ園「ローズフェスティバル」で行われた
    池田理代子先生と元宝塚スターの水夏希さんの
    スペシャルトークショーの記事です。

    http://newroses.sankei.co.jp/news/event/article/150527/evt0001-n1.html

    なかなか 盛況だったようですね。
    興味深い対談の中で いくつか気になる情報がありました。

    来月あたりでるという2冊目の本はおそらく
    来月ではないですが7月24日(金)に発売のベルサイユのばら12巻だと思われます。
    マーガレットサイトにまだ発表はありませんが
    店頭やネットなどでお知りになっている方も多いと思います。

    また、絵本については8月ごろ 発売を予定しているようです。

    池田理代子先生のコスプレについてはこちら

    http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20100929-684477.html

    動画もいろいろ出ています。
    「ローマ コスプレ 池田理代子」で検索するとヒットすると思います。

    ベルサイユ宮殿のイベントについては 今はお話に過ぎませんが実現したら凄いですね。

    実は宝塚で 規模はベルサイユ宮殿とまではいきませんが 
    似たようなイベントが計画されています。

    http://www.sankei.com/west/news/150521/wst1505210033-n1.html

    初代オスカルである 榛名由梨さんをはじめとする 元男役の方々と踊ることができます。

    トークに出てきた ジェローデルのバラ わたしも紫のイメージです。
    他にもアランのバラ 黒い騎士のばら(べルナール) なんかもあると面白いですね。
    「京成バラ園 ローズフェスティバル」は6月14日(日)まで開催されます。

    http://www.keiseirose.co.jp/garden/rosegarden/event/season_event/2015/rosefesta.html

    アニメ版ベルサイユのばら萌え語り(3)オスカル超人伝説

    第3話の デュ・バリー夫人 凄かったですね。
    横を走り抜けるだけで ばたばたと彫像 ぶったおして(笑)

    しかしながら オスカルも 負けてはいません。
    後に出てくる サン・ジュスト君やべルナールも凄いですが 
    オスカルも相当、アクションが超人的です。

    初回から雨の中 忍者のように外壁に張り付き盗み聞き。
    アンドレとの剣のけいこでは大車輪をやってのけ
    大の大人も軽々飛び越える跳躍力。
    屋根伝いの捕り物劇など朝飯前。
    アントワネットさまを片手で馬に引き上げてしまえるほどの力持ち

    落馬しても 階段から落ちても 爆風にやられて 気絶しても 大したことなさそう。

    オスカルの跳躍力と並ぶのはサン・ジュストくらい


    もちろん 剣を使ってのアクションは 何人もの男達を次々に切り伏せるカッコよさ。
    こういうのが見れるのがアニメの素晴らしさですね。

    それにしても 第3話「ベルサイユに火花散る」で
    アンドレにオスカルが言った
    「おまえがばあやの孫でなかったら 横っつら はり倒すところだ!」
    を初めて聞いたときは

    ”えー?!派手になぐり合ったりしてるじゃん”

    とツッコミしちゃいましたよ。
    後でこれと同じセリフをコミックスでみつけて これかとわかりました。

    しかしながら アンドレの胸倉を掴むことはあっても 
    殴ったりはしていない 原作のオスカルさまと違い
    グーで殴るわ 腹蹴りかますわ 横面だって張り倒す 
    アニメのオスカルでは なんとも説得力ないですね。

    いっそ 張り倒して 
    「アンドレ きさまも宮廷の堕落した貴族どもと同じ考えか!」
    と怒鳴っちゃったほうがらしかったのに。

    今日の放送は第4話「バラと酒とたくらみと…」です。
    わたしはこの回の剣でやり合いながら オスカルに意見するアンドレが好きです。

    http://www9.nhk.or.jp/anime/versailles/index.html

    青林の萌え語りはしばらくお休みしますが
    もちろんBSの放送は順次あります。

    第5話「高貴さを涙にこめて・・・」では
    落馬してオスカルに「アントワネットには内緒だぞ」って言う
    王太子殿下(後のルイ16世)がなにげに可愛いです(*^_^*)

    第6話「絹のドレスとボロ服」では
    ジャンヌ姉さんとロザリーが登場です。お楽しみに。

    羽と剣 <8>

    ジルベールよりも先にたったアルベールもまだ馬上にあった。
    予定よりだいぶ遅くなってしまった。
    それでもアルベールの心は晴れやかだった。

    いつも苦い思いで想い出していたあの日を 今はやっと過去にできた。

    あの日 領地からベルサイユの父のもとに帰る日 小さなヴィクトールは泣いていた。

    「おおにぃ どこにいくの」
    皆の雰囲気から 分かってしまったらしい。自分に抱きついて不安げに顔を見上げてくる。
    「おおにぃと ちいにぃは ベルサイユの父上の所へ行くんだ。」
    返事に詰まっていると 横からジルベールがあっさりばらした。

    「ヴィクもいくんだよね。」
    キャッキャッとアルベールの手を掴んで振り回す。
    「行かないよ ヴィクはここに残るんだ。」
    ジルベールが言うのをアルベールは顔を覆いたい気持ちで聞いた。
    けれど両手を掴まれているので出来ない。
    「ヴィクはいかないの。じゃあ にぃたちはよるには かえる?」
    「帰らないよ。ずっと」
    「ずっと・・・ヴィクは・・・ねえ おおにぃ ヴィクは・・・」
    大きなすみれの瞳に涙が溜まり始めた。
    「ねぇ・・おおにぃ・・・」
    何も言わないアルベールと 喚きだしたヴィクトールにジルベールはイライラして
    「わからないやつだな。ヴィクはここにいればいいんだ。ベルサイユには連れて行かない!」
    ヴィクトールは怒鳴られてびくんと肩を上げた。

    「ジルベール!」
    それまで黙っていたアルベールが声をあげた。
    「なんだよ。兄上。ぼくは間違ったことは言ってない。」
    ジルベールも泣きそうだ。
    「んぇ・・・うぇ・・」
    とうとうヴィクトールは泣き出した。釣られてジルベールも盛大に泣き出した。
    アルベールも泣きそうになって 
    「ふぅぇ・・・」
    と口元が緩んでヴィクトールを抱きしめようとした時
    泣き声を聞きつけて乳母達が駆け付け ヴィクトールを取られてしまった。

    乳母の腕の中でヴィクトールは大暴れして騒いでいる。
    「ヴィクも!ヴィクも!」
    「さあ さあ ヴィクトール坊ちゃま。お外へ行きましょうね。」
    ジルベールも別の乳母に連れて行かれた。
    「アルベールさま お支度を」
    アルベールも泣きたかったが 泣くタイミングを逃してしまった。

    荷物の積み込みも着替えも済んだ頃には ジルベールはもうケロッと泣き止んで 
    馬車の中で足をぶらぶらしていた。
    横に座った乳母に飴をねだって ベルサイユの話をせがんでいる。

    「少し 待っててくれ。」
    アルベールは2段飛ばしに階段を駆け上り ノックもせず急いで子供部屋に入った。
    中にいたヴィクトールの乳母は驚いて小声で窘めた。
    「これは アルベールさま。どうなされました。
    そんなに乱暴にされてはヴィクトールさまが起きてしまわれます。」
    「ヴィクは寝てるの・・・」
    寂しげにアルベールはベッドに近寄ると ヴィクトールの顔を覗いた。
    その天使の頬には涙の痕がうっすらあり 
    少し開いた口元からは今にも 自分を非難する言葉が飛び出しそうな気がした。

    「さあさあ、アルベールさまもう行かれませんと。
    大丈夫。ヴィクトールさまは私どもがちゃんとお世話致します。」
    「うん・・・」
    アルベールは乳母に背中を押され部屋を出た。

    俯いて歩いていたが ふいに走り出した。
    急いでエントランスに戻ると自分が乗る馬車ではなく 
    後ろの荷物を沢山積んだ馬車に駆けより荷を解いた。
    「アルベールさま 何をなさいます?」
    驚いてアルベール付きのじいやが尋ねた。
    「ごめんね。じいや もうちょっと待ってて!」
    急いで 中からクマのぬいぐるみを引っ張り出すとまた屋敷に戻った。

    ヴィクの部屋のドアを今度はそっと開けて中に入ると ヴィクの寝ている横にクマを置いた。

    "ぼくの代わりにヴィクをお願い"

    そう心の中で言いながら。
    そのクマはアルベールの初めての友達だった。

    (つづく)

    羽と剣 <7>

    ジルベールが起きたのはやはり 昼過ぎであった。
    アルベールはすでに軍服を着て出立の準備をしていた。
    「遅いぞ ジルベール」
    アルベールはなにやら書付をジルベールに渡しながら説明した。
    それが済むとジルベールは兄の肩を叩いて言った。
    「なあ 兄上。久しぶりに剣の稽古をつけてやろうか」
    「ふふっ 止めとくよ。これから長い道のりだ。けど 弟達の成長は見てやろう。」
    「よしきた」

    「ヴィクトール!」

    二人の兄に突然ふられて 彼は戸惑った。
    けれど手にはすでに剣が渡され ジルベールは間合いをとっている。

    "よし わたしの真価を見ていただこう。"

    ヴィクトールも剣には自信がある。近衛の新兵の中でも彼に敵う者はいなかった。
    皆それぞれ剣の稽古を積んできた貴族の子弟であるのに。

    キーン

    気持ちの良い音がして剣が交わった。兄は動かない。

    動かない。

    なのにヴィクトールは息が上がるくらい動かされた。
    ゆるゆる兄も動いてはいるのだがほとんど止まって見える。

    何故だ。 何故なんだ。

    「なるほどね。」
    兄がにやりと言うのとヴィクトールの剣が飛ぶのが同時だった。

    「大したもんだな。ヴィクトール」
    「何がです!!」
    馬鹿にされたと感じてヴィクトールはいきりたった。

    アルベールはいつもの笑顔をヴィクトールに向けた。
    「ジルベールは海軍でも ずば抜けた"剣"なんだ。」
    「剣?」
    「ああ 海軍では戦闘将校を"剣" 指揮をとる行政将校を"羽"と呼んでいる。」
    「アルベール兄上はどちらなのですか?」
    「わたしか?"羽"だ。だからというわけではないが 
    わたしでもジルベールには5本に1本くらいしか勝てない。」
    ヴィクトールは驚いてジルベールを見た。
    アルベールの強さは知っている。その兄でさえその程度なのか。

    「わたしはおまえにも わたしの"剣"になってほしかったんだがな。ヴィクトール。
    まっジルベールに色々教えてもらえ 良いことも… 悪いこともな。」
    アルベールはまだ唖然としているヴィクトールの頭をクシャッと撫でてそう言った。
    もう出立の時間だった。

    それからジルベールには文字通り"良い事"も"悪い事"も学んだ。
    誘われた時の断り方 しつこい相手への凄み方。

    色恋だけではない。宮廷で 軍隊で やっていくために必要な本音を学んだ。
    酒を上手く飲んでいるふりをする方法。喧嘩で遺恨を残さないやり方。

    女も教えてくれようとしたが ヴィクトールが拒むと無理強いはしなかった。
    3日間はあっという間だった。正直足りないくらいではあったが 
    それでもヴィクトールはずいぶん大人になった気がした。
    ジルベールが艦に戻る時 素直に礼が言えるくらいに。

    「ジルベール兄上。つぎはいつ帰られます?」
    「さあね 女しだいかな。」
    「まったく・・・」
    「はは・・・次に会う時までに強くなってろよ。」
    「必ず。」
    「楽しみにしている。それ!」
    馬は一度大きく前足を上げて 走り出した。マントが地面と平行なくらいに上がり広がる。

    遠ざかるその背中にヴィクトールはもう一度
    「必ず 必ず 強くなります。」
    そうつぶやいた。

    (つづく)

    アニメ版ベルサイユのばら萌え語り(2)オルレアン公

    第2話からアニばら一番の悪の親玉オルレアン公が登場です。

    何となく角ばってますな



    この方 見た目も原作とまったく違うのですが 
    作品の中の立ち位置もグレードアップしていて
    悪事の影にこの人ありな感じになっています。

    これがいいんですね。アニメとかって悪役が決まっている方が見ていてなぜかすっきりします。
    オルレアン公は自分でも手を下しますが デュ・バリー夫人 ド・ゲメネ公爵 ジャンヌ
    黒い騎士 などの黒幕的な活躍もしてくれます。
    これによって全体にまとまりがでる感じがしますね。

    そして デュ・バリー夫人 や ジャンヌ、黒い騎士が
    実はそんなに悪い奴じゃないかもという気持ちに視聴者がなった時
    行場のなくなった 視聴者の彼らが犯した罪へのもやもやを
    一手に引き受けてくれるのです。

    そんな役どころなので 徹底して悪です。
    登場していきなり 手下を殺し 危なくなると また容赦なく殺す。
    口封じのためだけにも殺す。

    そして時々オスカルと チクチク やり合うのです。
    こうした 小競り合いの末に あのパレロワイヤル訪問の折の対面があるのです。

    薄笑いを浮かべ 嫌味な言動をするオルレアン公に対し
    姿勢を正し 率直に話をするオスカル。

    何度やり合っても ついに倒せなかったオスカル。
    おそらく自分の悪事の多くに気づいているであろうに
    王族に対する近衛兵としての立場を常に崩すことのない彼女に
    オルレアン公は好敵手の感慨さえ この時はもっていたかもしれません。

    しかしながら すでにオスカルの方は彼個人にさほど興味がなかったのです。
    時代はすでに宮廷内の陰謀などと比べ物にならないくらい
    大きな嵐をむかえようとしていたのですから

    それに気づかず 未だ謀にふける彼と
    新しい時代に目を向け始めたオスカルとは
    もはや違う次元に生きていたのでしょう。

    それにしても 彼はあのルイ16世陛下といとこ同士にはとても思えませんね(笑)

    ところで前回第2話でアントワネットさまの替え玉をしたジャン君
    どうやって みんなの目をごまかしたんでしょう?

    だって 全身脱いで裸になるんだし 髪だってどうやって結い直したんでしょうね あのヅラ。
    入れ替わるのなら お引渡しが済んでからの方がよかったのではと思いますが。

    冒頭で女の子のオスカルが 身代わりでドレスを着るのは嫌だと言っているのに
    男の子のジャンが 見事に女に化けているのはなんとも面白い対比ですね。

    さて今日の放送は第3話「ベルサイユに火花散る」女の戦いがはじまりますよ。

    http://www9.nhk.or.jp/anime/versailles/

    羽と剣 <6>

    テラスで朝食を取っていると 早朝にもかかわらず大股で無遠慮に近づいてくる男がいる。
    男はヴィクトールの皿からパンをひょいっと掴むと ちぎりもせず齧りついた。

    「ジルベール まずは帽子を脱いで着替えてからにしたらどうだ。」
    言いながらもアルベールは笑っている。
    「ヴィクトールが呆れているぞ。」
    「はい はい 兄上 その可愛いヴィクトール君の為に昼夜馬を乗り継いできたんです。
    大目にみてください。」
    言うや 今度はビンごとワインを飲んだ。

    アルベールは給仕係に朝食の追加を頼むと ジルベールのマントと上着を取って従者に渡した。
    「部屋の用意も頼む。どうせ これから昼まで寝込むだろうから」
    そう言い添えた。

    「ところで兄上 状況は?」
    「片付いた。でもおまえが来てくれて助かった。
    わたしは今日中に出発して艦に戻らなければならない。
    頼みたいこともある。いつまでいられる?」
    「上官に無理を言って 艦をおりたんです。三日が限界です。」
    「三日か・・・まあいい。出来るだけ頼む。詳しい事はおまえが寝て起きてからだ。」
    ヴィクトールはただただ 大人しくしていた。
    この次兄も自分のために遠い任地からきてくれたのだ。
    以前なら

    "フンッ頼んだ 憶えなんかないぞ"

    と反発するところだが 夕べ素直に泣いたせいか ジルベールがにっこり自分に微笑むと
    ちょっと恥ずかしくて下を向いた。

    朝食後、アルベールはいくつかの手紙の束と本を持ってきた。
    ヴィクトールが本のタイトルを眺めながら
    「ギリシャ神話・・・ホメロスか。こちらは古代ローマ・・・」
    そう呟くと
    「ほお・・・どのくらい知っている?」
    アルベールが訊いてきた。
    「はい 一通りは」
    パラパラめくりながらヴィクトールは答えた。
    他にも戯曲やら詩集やらあったが大抵は知っているものだった。
    「田舎にいても勉強だけでなく こういったものも学んでいたとは大したものだ。
    これなら話が早い。」
    そう言うとアルベールは手紙の束を開けて
    「ではこれから ベルサイユにおける 手紙の読み方と書き方を教えるよ。
    もちろん実践的で本音の部分のね。」
    アルベールは片目を瞑った。

    (つづく)

    羽と剣 <5>

    翌朝 ヴィクトールは鳥の声と剣の素振りの音で目が覚めた。
    窓から下を覗くと兄が剣の稽古をしていた。
    兄はすぐに弟に気づき声をかけた。

    「起きたのか 気持ちの良い朝だ。一緒にテラスで朝食を食べよう。」
    「はい 兄上」
    手早く返事をするとヴィクトールは慌てて中に引っ込んだ。
    正直ちょっと気まずい。昨日あんなに泣いてしまったのが。

    "困ったな どんな顔していけばいいんだ。"

    夕べは散々泣いて 泣き疲れていつの間にか 兄の胸の中で寝てしまったらしい。
    起きたらベッドの中だった。

    "でも なんだか すっきりしたな"

    腕をう~んと伸ばした。背筋がピンとする。そのままその腕を下してぶんぶん廻した。
    それから頬をペシペシ叩いて気合をいれた。

    ドアをノックする音がした。
    「はいれ」
    「失礼します。ヴィクトールさま。」
    じいやが着替えを持って入って来た。ここは本館の客間でヴィクトールの部屋ではない。
    別館の彼の部屋まで取りに行ってくれたのだろう。
    衣類を置いてまずは洗面器に水を注ぎ ヴィクトールの洗顔を手伝う。

    「じい その夕べなんだが・・・」
    「はい ヴィクトールさま」
    「わたしをここへ運んだのは?」
    「アルベールさまでございます。」
    「兄上が?」
    「はい ご自分でなさるとおっしゃられて」
    「そうか・・・」

    「よろしゅうございましたね。」
    じいやはにっこり微笑んだ。
    「な・・・なにがだ。」
    ヴィクトールは顔が赤くなりそうになった。

    "ばか 落ち着くんだ。冷静になれ!"

    そんな彼の心の叫びがじいやには聞こえたのか じいやは澄ましてこう言った。
    「わたくしが呼ばれました時には ヴィクトールさまはすっかりおやすみでございました。
    アルベールさまはご満足そうに"いい男に育ててくれたね"とわたくしを労ってくださいました。」
    「そうか」
    じいやはそっけない彼の返事と裏腹に まだ少年ぽさの残る頬が赤く染まるのを見て

    "わんわん泣いていたことは 内緒にしてあげますよ。"

    そう心の中で呟いた。

    (つづく)

    わたしのマーガレット展 全国巡回展

    今開催中の九州展に続く 全国巡回展の日程が発表されました。

    大阪展:2015年7月15日(水)~7月27日(月)(会期が短いです。ご注意ください!)
         阪急うめだ 本店 9階 阪急うめだギャラリー。
        
        *大阪展の前売券がローソンチケットにて発売中です。
         前売券の料金は大人(中学生以上)700円、小学生500円です。
         ※小学生未満は無料

    新潟展:2015年8月1日(土)~9月23日(水・祝)新潟市マンガ・アニメ情報館。

    沖縄展:2015年10月3日(土)~11月22日(日)浦添市美術館。

    公式HPはまだ更新されていませんが、トップページからもみることが出来る
    ツイッターやフェイスブックなどには載っています。

    http://my-margaret.jp/

    九州展は明日5月17日(日)までです。今後北海道 東北なども予定されています。

    「ロザ コンテス(ROSA COMTESSE)」

    ヴェルサイユ宮殿や18世紀フランスのエスプリをコンセプトにした
    ヴェルサイユ宮殿公認のライフスタイルブランドロザ コンテス
    5月20日に伊勢丹新宿店にデビューします。

    http://www.rosacomtesse.com/

    これを記念して、ブランドのディレクター、エリサベット氏と
    池田理代子先生のトークショーがあります。

    http://www.ikeda-riyoko-pro.com/info/index.html
     
    場所:伊勢丹新宿店本館7階=バンケットA・B
    日時:5月23日(土)15:30~16:00

    条件:本館1階=ザ・ステージにてご紹介のお品物、
       合計21,600円(税込)以上お買い上げの方1名につき1枚
       入場整理券がもらえます。(先着60名様)

    ロザ コンテスのコレクションにはマリー・アントワネットや
    デュ・バリー夫人にちなんだ商品がありますが 面白かったのはこれ

    <女王製菓> フィナンシェ (6個入り) ¥1,620

    http://www.rosacomtesse.com/Collections/2015+DEBUT+COLLECTION/COLLABORATION

    パッケージが「ベルサイユのばら」でないのが残念です。

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    04 | 2015/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR