約束していた言葉 <15>

    事態がここまで切迫する前に ルイはこの財政難を利用して 
    現在フランスが抱え込んでいる"君主制"の問題を改革するつもりであった。
    かつて財務総監であったカロンヌ氏とともに。

    カロンヌ氏は才気に溢れていた。
    そして情熱を持ってルイとルイのフランスを救おうと昼夜を問わず職務に励んでくれたのだ。
    ただ、彼は陽気で楽天家で有り過ぎた。そしてルイもまた未熟であった。
    ルイは苦い思いで当時を振り返る。彼の改革の方向性は決して間違っていなかったのだが…。

    彼はルイにこう言った。
    「ご心配なさいますな。フランスにはまだまだ未知の富が沢山ございます。」
    そして、快活に笑い ルイに未来のフランスを語ってくれたのだ。
    「フランスはイギリスに比べ工業化が遅れております。
    別な言い方をすればまだまだ発展する余地が大いにあるということ。
    これを取り戻せば王国は発展し新たな財源が生まれます。
    要するに税金を搾り取るのではなく活性化を図ることが大切なのです。
    そして生まれた富を流通させることも肝要です。
    そのためには税金の平等な負担にも着手しなければなりませんが。」
    カロンヌ氏はルイを見つめ言ったのだ。

    「偉大なる陛下になら それがお出来になります。」
    けれど 当時はまだ 貴族たちは自分達の置かれている状況に気づいていなかった。
    そしてルイはそうした大貴族たちの攻撃から彼を守ってやる事ができなかった。

    カロンヌ氏はその言葉通り 王立の工場を設立し 外国の技術を積極的に取り入れつつ、
    もともとフランスの主力たる農業にも力をいれ 
    道や運河を整備し フランス経済を活性化した。

    しかしながら、もう一方の課題 税金の平等な負担は遅々として進まないどころか、
    やろうとすればするほど ルイもカロンヌ氏も追い詰められてしまった。
    自分を引き立ててくれたポリニャック夫人にカロンヌ氏は頭が上がらなかったし 
    ルイもアントワネットの頼みを断れなかった。
    その結果、ポリニャック家には不当な年金が支給されることになった。
    また、ルイの二人の弟たちはそれぞれ巨額の借金を抱えており、
    ルイは彼らを破産から助けてやるために2700万リーブルものお金を
    工面してやらなければならなかった。

    これでは他の貴族たちになかなか示しがつくわけがない。
    それでも改革を推し進めようとして
    カロンヌ氏はその身に多くの貴族の恨みをかうことになってしまったのだ。
    とりわけ、マリー・アントワネットとは険悪の中になっていった。

    それでも彼は努力を続けたが やはり一番の経済的弊害である「税制の改革」なくして
    フランスを救うことはできない。ついにカロンヌ氏は貴族達との全面対決も辞さない覚悟で
    ルイに「財政改善計画概要」を提出した。
    これは3年間彼がフランスの実情を調査し練り上げた合理的なプランであった。

    もちろん貴族並びに聖職者には不利な内容である。だが国家はすでに崖っぷちに立っており、
    もういつ破たんしてもおかしくない状況であったのだ。

    仮に特権階級の人々がもう少し賢くあったならば この案を渋々でも受け入れ、
    彼らは国を追われることもなく、その名誉を保つことが出来たはずであった。
    そして、フランスは瞬く間に国力を回復したに違いない。

    けれど 彼らはカロンヌ氏を無能呼ばわりし 
    いつわりをでっちあげてまで追い出しにかけたのだ。
    こうなることはカロンヌ氏も予測していたことだ。彼の計算は別のところで狂ったのだ。
    「既得権を持っている者に、それを手放せと言っても無駄なことでありましょう。
    ですから、このプランで暮らしが良くなる者 
    すなわち陛下の民にこそ訴えかけようではありませんか。」
    この時、カロンヌ氏はルイが国民に人気があること、
    自分のプランが必ず民衆に歓迎されるだろうと確信していた。
    けれど民衆は彼が思う程賢くはなかったのである。

    こんな税の仕組みをいったいどれほどの国民が理解できるというのだろうか?
    明日のパンにすら事欠く彼らに 国家予算についてどう考えろと言うのだろう?

    ルイとカロンヌ氏の思いを託した文書『14の意見書』は
    密かに4万部も刷られパリの街に配られた。
    文字の読めない者達には司祭が読んで聞かせた。
    そして、それは地方の小さな町までも配布されたのだ。

    これで人々は反対派が流したデマに気づき、改革の真意を知ってくれるだろう。
    そして、こぞって王のもとにはせ参じ声を上げてくれるに違いない。
    そうルイもカロンヌ氏も期待していた。

    結果は真逆であった。世論はルイとカロンヌ氏を助けるどころか、
    激しく攻撃してきたのである。
    ジャーナリストはこぞって中傷文を書き、
    政策とは関係の無いカロンヌ氏の人間性を問題視し、過大に悪く書き立てたのだ。
    そのうえ、『14の意見書』はカロンヌ氏が追い詰められた腹いせに 
    国家の赤字を暴露したものであるとまで書かれたのである。

    もはや ルイとカロンヌ氏は孤立してしまった。
    ルイはカロンヌ氏を庇ったが庇えば庇う程事態は悪化したのである。

    ついに混乱を収めるため ルイはカロンヌ氏を解任した。
    この頃からルイは失意と孤独に落ちてしまった。

    自分は王でありながら この国の王でありながら

    この国の現状を理解していながら

    民を愛していながら 
    そして、自分を責めたてる特権階級の者達をも我が民と感じていながら

    自分を責める妻を心から愛しく思いながら

    その彼らや国を救う方法があるのを知りながら

    それを行うことが出来ず 
    身命を賭して忠誠を誓ってくれた友を

    追い出してしまったのだ…

    ルイは心を閉ざしてしまった。
    積極的に国政にかかわると言うより
    周りに流されるようになってしまったのだ。

    (つづく)
    スポンサーサイト

    マスケティアーズ パリの四銃士

    「マスケティアーズ パリの四銃士」の放送が始まります。

    http://www9.nhk.or.jp/kaigai/musketeers/

    「ベルサイユのばら」より前の17世紀、ルイ13世の頃のお話です。

    もちろん、ダルタニアン、アトス、アラミス、ポルトスの登場する歴史ドラマです。

    放送に先立ち『海外ドラマ「マスケティアーズ パリの四銃士」徹底ガイド』が
    NHK総合で放送されます。

    4月1日(金)午前1時00分~〈木曜深夜〉
    4月3日(日)午前0時55分~〈土曜深夜〉
    (放送時間は変更になる場合があります。一部地域は別番組の場合があります。)

    本編の放送は毎週日曜日 午後11時 NHK総合にて4月3日からスタートです。

    ベルばらKids 文庫版

    以前にもちらっとお伝えしましたが 4月7日(木)にベルばらKids 文庫版が出版されます。

    http://www.power-ambitious.co.jp/user_data/newinfo.php?pageno=1#134

    文庫版は上下巻とも同時発売です。

    上巻には描き下ろし新作が、
    下巻には単行本未収録作品が収録されています。

    『ベルばらKids文庫版』上・下

    発売日:2016年4月7日

    定 価:各 760円(税抜き)

    可愛いベルばらkidsの世界。
    発売日が待ち遠しいですね(o‘∀‘o)*:◦♪

    愛と希望の”シンデレラ”紀行

    フランス、オーストリア、アメリカを旅して、
    ベルサイユ宮殿に仕えた作家シャルル・ペローや、
    シンデレラを映画化したウォルト・ディズニーの足跡をたどり、
    その謎を解明していく番組がNHKで放送されます。

    http://www4.nhk.or.jp/P3958/

    放送日時:3月31日(木)午後7時30分~ 午後8時43分
    放送局 :NHK総合

    約束していた言葉 <14>

    「陛下 パリの市民はあなたに会いたがっております。」
    静かにバイイはそうルイに話しかけた。
    それにルイは微笑んで答えた。
    「わたしもそうしたいと願っている。」
    そしてバイイをその温かな体で包んだのだ。
    はじめは驚いていた バイイであったが、やがて 一筋流れた涙をハンカチで拭うと 
    パリの現状について語り始めた。
    それを聞くルイの顔には 先ほどの査問会議で見せたような優柔不断さはまったくなかった。
    「では、ノートル・ダム寺院かテュイルリー宮殿で王をお迎えできるよう計らいましょう。」
    「いや、バイイ殿 わたしは市庁舎に行こうと思っているのだ。」

    これにはさすがに バイイも言葉を失った。
    同じ革命の本拠地といえる 国民議会とパリ市庁舎ではあるが 
    それなりに教養ある紳士の多い国民議会と違い 
    パリ市庁舎は過激な発言を繰り返す危険な輩がうようよしている。
    そういう輩はささいなことでも感激する代わりに 
    ちょっとした刺激で獰猛で野蛮な野獣と化すものだ。

    バイイの顔色が変わったのをルイは認めると
    「わたしの身を案じてくれるのか ありがとう。危険は承知しておる。
    それでもわたしは行かなければならないのだ。
    物事は完璧にやらなければならない。」
    その穏やかだが きっぱりとしたルイの態度に 
    ただバイイは腰をかがめ頭を垂れるしかなかった。

    結局、国民議会は王の意思を尊重して 
    出来る限り王を守るため 40人の議員が先行してパリに向かうこと。
    100人の議員が王に同行することなどを決めた。

    そしてもう一つ重要な要求を王にした。

    ネッケル氏をもう一度 フランスへ

    この要求をルイは苦い思いで受け入れざるをえなかった。
    ネッケル氏への短い手紙を書きながら ルイはため息を付いた。
    思えば この財政難こそが 全ての元凶であり 鍵なのだ。

    (つづく)

    約束していた言葉 <13>

    三人がそれぞれ互いを気遣っている間も歴史は動く。

    ベルサイユに住まう高貴なる人々は彼ら以上に 不安な思いを抱え浮足立っていた。

    巨大な過去の栄華を纏ったガタガタの宮殿に
    あの夜、崩壊の一振りを下したのはリアンクール公であった。

    ありえないことであった。夜間、王に近づくことなど出来るはずがないと思われていた。
    王の寝室までには衛兵が見張るいくつもの扉があり、
    寝室の隣の間では従僕達が寝ずの番をしている。
    さらに王の寝台の足もとには第1近侍達が控えているのだ。

    このように守られている王の眠りを妨げてまでも 
    その報は価値があるものだと 判断されたのか あるいは彼の剣幕に押されたものか。
    宮殿中はリアンクール公が王に何を告げたのかが分からず 
    前代未聞のこの出来事に不安な朝を向かえた。

    どうやら バスティーユが陥ちたらしい。

    パリから戻った人々の話に 誰もが半信半疑であった。

    それが真実であると実感したのは
    王がひょっこり 宮殿を歩いて出られたときだ。

    これもまた あり得ない事であった。
    王は羽飾りのついた帽子ではなく ひかえめなビロードの帽子を被り
    王太子ルイ・ジョゼフをその腕に抱き 衛兵も付けず 
    ただ二人の弟を従えただけで スタスタ歩いて宮殿を出て行った。

    王は皆が驚きを持って見つめる中、堂々と迷いなく進んでいく。
    その後ろに隠れるように付いて行くプロバンス伯とアルトワ伯とは対照的だった。

    その行進は国民議会の前で止まった。
    まさに これから王に進言しようと 代表団を組みその一団にむかって 
    ミラボーが議会中を揺るがすかのような大声で訓示を垂れているところであった。

    突然の王ルイの訪問は 議員達を驚かせ彼らに"心の武装"をする隙を与えなかった。
    ルイは座ることもせず立ったまま 話を始めた。そしてそれは大きな勝利をもたらした。
    ラ・ファイエット候らは嬉々としてパリに旅立ち、議会からルイが帰る道には
    民衆が溢れ歓喜の声を上げ 感動の涙を流し 
    「王様万歳!国家万歳!自由万歳!」
    を絶え間なく叫んだのだ。

    ルイはこの歓声の中 自分は何者になりたかったのか 静かに再確認していた。
    外側は喧騒の中にありながら 彼の心のうちは静かであった。本当の敵は民衆ではない。

    ルイは宮殿に戻ると 興奮冷めやらぬ民衆に応えるため 一族を引き連れバルコニーに現れた。

    王妃マリー・アントワネットの手を引き 反対の手には王太子ジョゼフを抱いている。
    シャルル王子 マリー・テレーズ王女 プロバンス伯爵夫妻 アルトワ伯御一家がそれに続く。
    けれど彼らはにこやかに民衆に笑いかけることはしなかったのだが。

    それでも民衆は彼らに「王様万歳!国家万歳!自由万歳!」の喜びの声をあげたのだ!


    その歓喜とはうらはらに 王が軍隊を撤退させたことに宮殿内は恐怖に見舞われていた。
    いったい 誰がわたし達を守ってくれるというのだろう?
    あのバスティーユでさえ 陥とす 野蛮な輩から。

    その恐怖を煽るかのように 怪文書が宮殿のあちこちで回し読みされた。
    それは 「改革のために 打ち落とさなければならない 286人の首」であった。
    そのリストの最初の一人はマリー・アントワネット。
    そしてその次に書かれていたのはアルトワ伯であった。

    ルイの頭は冴え始めていた。
    夕べ リアンクール公が教えてくれた"革命"と言う言葉がルイが本来持っていた 
    王たる資質を呼び覚ましたのだ。

    この好機を逃してはならない。

    ルイはいつもの愚鈍さを装いつつ 着々とことを運んだ。
    国務査問会議を開き、あたかもおろおろ不安げな様子で
    「逃げ出した方がいいのだろうか?留まるべきだろうか?」
    と皆に尋ねたのである。

    この頼りない様子に アントワネットは早々と侍女達に荷造りにかかるよう命じ、アルトワ伯は
    「いったんメスまで行きましょう。そこから革命をつぶすのです!」
    と強く進言した。

    プロバンス伯は
    「いや 留まるべきでしょう。」
    そう言い 窓を開け 
    「民衆の歓喜の声が聞こえるではありませんか。」
    言いながら、不敵に笑った。

    "なるほど プロバンスめ、わたしを民衆に殺させ、跡を継ぎたいのだな"

    ルイは狼狽えた仮面を外さず 皆の行動をつぶさに観察した。
    そして 意見がすぐにまとまらぬように会議を誘導した。
    夜を徹した会議中、刻々と軍隊の現状が届けられるようにしながら。

    「フランス衛兵隊だけでなく 他の隊からも続々と離脱者が出ております!
    暴動が 反逆が 各隊で相次いでおります!」
    これらの報は増々 会議にいる人々 いや、宮殿内の人々にも 不安と恐怖を与え続けた。

    これらがピークになった頃合いで ルイは何も決めぬまま
    「バイイと話をする。」
    そう 言い捨てて会議を終えてしまった。

    (つづく)

    ショウワノート「ベルサイユのばら」グッズ

    ショウワノートより「ベルサイユのばら」グッズが発売されます。

    http://www.ikeda-riyoko-pro.com/info/index.html

    いやはや、アイテムの量が凄いですね。
    それも、手の届く価格なのが嬉しい(((o(*゚▽゚*)o)))

    まだ、全アイテムが載っているわけではありませんが
    ショウワノートのサイトに価格などが載っています。

    http://www.showa-note.co.jp/press/pommop/versailles/

    池田理代子先生の公式サイトによると

    「3月31日より、東急プラザ銀座7階のショウワノートアンテナショップ「POMMOP」にて
    5アイテムを先行発売。」

    さらに

    「東急プラザ銀座オープニング記念として、同店舗で「ベルばらシリーズ」を
    1点以上ご購入いただいた方の中から、
    毎日先着200名様に特製ポストカード(非売品)をプレゼントいたします。
    (3月31日の初日は「オスカルとアントワネット」柄を配布。以降 2種類の柄を
     交互に日替わりでお渡し・総計 8,000名様分が無くなり次第終了。)」

    とのこと。特製ポストカード(非売品)ってどんなのかなと検索していたら
    こちらに載っていました。

    http://irorio.jp/natsukirio/20160324/310352/

    東急プラザ銀座に行かれる方は是非、お早めに!

    西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展

    西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展が開催されます。

    http://toiledejouy.jp/

    トワル・ド・ジュイは18世紀に、フランスで生まれました。

    ドイツ生まれのクリストフ・フィリップ・オベルカンフがジュイ・オン・ジョザスという村に
    製作所を作り、そこで作られた柄の綿織物がトワル・ド・ジュイ(ジュイの布)の始まりでした。

    マリー・アントワネットさまはこのオベルカンフ製作所の製品を愛され
    製作所に何度も足を運ばれたそうです。

    詳しいことがこちらに載っていました。

    http://www.fsjouy.com/page/10

    アントワネットさまに勧められて、オスカルさまもトワル・ド・ジュイを
    インテリアなどに取り入れていたかもしれませんね(笑)


    「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」

    会  期:2016年6月14日(火)-7月31日(日)会期中無休
    開館時間:10:00-19:00 毎週金・土曜日は21:00まで(入館は各閉館の30分前まで)
    会  場:Bunkamuraザ・ミュージアム 

    東京で開催された後は郡山市立美術館で
    2016年8月6日(土)~9月11日(日)に開催される予定です。

    約束していた言葉 <12>

    夜が更けると アランはさりげなく外を見るふりをして 通りに面した窓辺に座った。
    そして、そっと 窓から下を覗くと カンテラを振るのが見えた。ラサールだ。
    アランは手にした燭台の灯りを手で 何度か隠したり かざしたりした。
    ラサールはそれを見るとカンテラを振って合図をし 帰って行った。

    通りにあやしい人影はない。侍女たちもアランの行動を見とがめた者はいないようだ。
    ほっとアランは息をついた。これで衛兵隊のみんなは安心してくれるだろう。
    アランがさっき送った合図は3人の無事を知らせるものだからだ。

    始めこの屋敷に隊長を運び込んだ時、アランはまさか監禁されるとは思っていなかった。
    十分な治療が受けられる環境に隊長が置かれたことにほっとして、
    ひとまず落ち着くとアランはこのことを皆に知らせようと屋敷を出ようとした。
    「どこに行くのかね。」
    腕組みしながら 大柄な男が声をかけてきた。
    「隊に戻ります。皆が心配しますから。」
    「なら、わしらが知らせてやる。あんたは大事な隊長さんに付いていればいい。」
    「いえ、おれが直接伝えて すぐに戻ってきます。」
    そう言うや駆け出そうとしたのを どこから現れたのか 二人の男が両脇から押さえ込んだ。
    「なぁ あんちゃん 人の親切は素直にきくもんだ。」
    そう言われて 自分が囚われの身になったことに気がついたのだ。

    ユラン伍長は流石に気が利く。
    「ほれ ちゃんと伝えてやったぞ。」
    その証拠だと言わんばかりに アランに投げられたユラン伍長からの手紙は
    やはり読まれた痕があった。その手紙は文面こそ オスカルに読んで聞かせたそれだが 
    中に秘密の暗号が組み込まれていて この伝言をしに来た者の後をつけさせるから 
    出来るだけ通りに面した窓に立ってくれそう書いてあった。

    アランは慌てることなく さりげなく窓辺に立った。
    遠くの方にラサールが見えた。彼はアランに気が付くと頷いてみせた。
    それにアランも頷き返した。これで ユラン伍長たちに隊長の居場所が伝わるだろう。
    そして、今後この窓辺を介して やりとりが行われることになったのだ。

    外部とのつなぎが取れたことに ひとまず安堵はしたが 
    まだ 敵か味方かわからない屋敷の中で
    自分一人で隊長とアンドレを守らなければならないことには変りはない。
    しかも自分は今肩を痛めていて 十分に戦える自信がない。

    アランも不安な気持ちで時を過ごしていた。

    (つづく)

    マリー・アントワネット展

    2016年10月25日から
    『ヴェルサイユ宮殿<監修>「マリー・アントワネット展」』が開催されます。

    http://www.ntv.co.jp/marie/

    会期:2016年10月25日(火)~2017年2月26日(日)

    会場:森アーツセンターギャラリ
       〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1(六本木ヒルズ森タワー52階)

    気になるのは 横に書かれたキャッチコピー

    「きっと、誤解に気づく。」

    これは今までのマリー・アントワネットのイメージを
    覆すような展示ということなのでしょうか?ワクワクしますね。

    ちなみにこのイベントの前に森アーツセンターギャラリで開催されるのが
    先日お伝えした 『ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」』

    http://manga-9art.com/

    こちらも楽しみですね。
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    02 | 2016/03 | 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR