確かに生きている!<2>

    波の音?

    少し違う?

    規則正しく 脈打つこれは

    愛する人が生きている証。

    風の音?

    いや 嵐はもう過ぎ去ったのだろう。

    これは愛する人が安らいでいる証。

    夢の中なのか 現実なのか そのはざまで 
    覚醒するのをおそれるかのように
    オスカルはまた静かに彼のぬくもりの中に潜り込んだ。

    割られたガラス戸から朝の光が衝立を飛び越えて二人の上に注ぐ。
    朝の光はなんと偉大なのだろう。その光の中ではこの荒廃した部屋の中でさえ
    何か輝きを感じずにはいられない。

    ふと 鳥のさえずりのする方に目をやれば 
    まだ薄青く ほんのり端に暖色を残す空をつがいの鳥が渡っている。

    「波の音が聞こえる…」
    「ああ…ここはノルマンディーだからな。ここに着いてからずっと聞こえている」
    起き出した恋人はせっかちに 夕べ満たされなかった想いを彼女に向けてきた。

    アンドレの唇が首を伝いデコルテのくぼみに達すると 
    彼の指は脈うつ心音を確かめるように胸のしたに添えられ、
    そこからゆっくりと腹部に降りていき愛おしげにやわらかな曲線を撫ぜた。

    確かに生きている!

    二人はそれを互いの体で確かめ合う。

    確かに生きている!

    脈を確かめ 愛おしむように 手首の内側に彼の唇が当てられる。

    確かに生きている!

    気遣うように後ろから突かれながら奥深いところで感じる。
    生きている実感は二人に新たな力を与えた。

    「長居は出来ないな」
    名残惜しげにアンドレは呟いたが それは事実だ。
    こことて 安全でないことは一目でわかる。

    「ああ」
    けだるい体を無理に振るい立たせ ようやく乾いた衣服を身に着ける。

    ドーバー海峡を渡り イギリスに行きつくまでは安心はできない。
    もっとも それも絶対とは言えないのだが。
    オスカルは銃に弾薬を装填し 羽織った上着の内ポケットに忍ばせた。

    夕べ見つけた品を袋に詰め 肩に掛けたアンドレが彼女を振り返る。
    それをニヤリと受ける。
    「行くぞ アンドレ」
    オスカルの声は生気に満ちていた。

    二人は晴れあがった空の下 今日も生き抜くための一歩を踏み出す。
    嵐は過ぎ去っていたけれど その名残のように海はやや波が荒い。

    だいぶ離れてからオスカルは別荘を振り返った。
    もう豆粒ほどにしか見えないそれは 昔と変わりなく陽の光を白い壁に受けていた。
    先ほど見た光景が幻だったのではないかとオスカルには思えてならない。
    いや そうであってほしい。

    ここはいつでも楽しい場所だったのだから。

    姉上達と馬車を連ね 別荘に続く花咲く道に胸躍らせた。
    アンドレと砂に足を取られながら駆け回り
    成長してからは馬で競争した。 
    そして いつしか姉上達に替わりロザリーが傍らにいてくれた。

    潮風の匂い それに揺れる青草のウェーブ 
    細い海岸への小道にはかつての二人のように
    袖と裾をまくり上げた男の子たちが駆け下りていく。

    何も 何も変わらないかのように見える。

    けれど 今朝見た別荘の光景は現実で 二人は国を追われている。

    何かを察したのかアンドレの手が物思いに沈むオスカルの肩にかかる。

    「いつか… いつか また 来よう。花咲く季節がいいな。
    オルタンス様が好きだったあの黄色い花の咲く頃」
    「ああ そうだな」

    だが そんな日はくるのだろうか?

    「おまえが男なら 仔馬を買って乗り方を教えてやる。
    女なら花の種をどっさり買って昔のような花畑を作ってやろう」
    アンドレがオスカルのお腹に語りかける。
    「アンドレ 女の子でも 花より馬が良いだろう」
    そっとお腹から見上げるように顔を向けると そこには柔らかく微笑む彼の妻がいた。
    「わたしとおまえの子ならば 男でも女でも… 三人でまたこの海岸を駆け抜けよう」
    「ああ…」

    先のことは 誰にもわからない けれど オスカルには笑いさざめきながら
    キラキラ輝く砂を巻きあげ駆け抜けていく3頭の白馬が見えた気がした。

    FIN

    「確かに生きている!」は今回で終了です。お読みいただきありがとうございました。

    スポンサーサイト

    Bon anniversaire!アンドレ

    今日はアンドレのお誕生日です。

    短めですが SSを一つUPしました。
    場面を切り取ったようなSSですが 他の作品との関連性はありません。
    全2回なので明日で終わりなのですが
    まとめて読みたい方はサイトに全文載せてありますので
    こちらの直通リンクからどうぞ。

    http://ryokufuseirin.web.fc2.com/tanpen/tasikaniikiteiru1.html

    それでは「確かに生きている!」スタートです。



    「波の音が聞こえる…」

    アンドレの腕の中で オスカルはぼんやりとつぶやいた。
    二人を包んでいる毛布を引き上げまき直しながら アンドレはクスッと笑った。
    「ああ… ここはノルマンディーだからな。ここに着いてからずっと聞こえている」
    「はは…言われてみればそうだな」
    オスカルも自分のおかしさに気がついて声を立てて笑った。

    「どうして 気がつかなかったのだろう?」
    返事の代わりに自分を抱きしめ 首筋にキスをし始めた恋人に彼女は答えを見出した。

    夕べ ずぶ濡れでここまでたどり着いた二人は 
    暗がりの中 なんとか乾いた薪と火打ち石を見つけ暖を取ることが出来た。
    赤々と火が燃え上がると 唇を真っ青にして震えているオスカルの衣服を脱がせ
    毛布でくるみ 毛皮のラフの上に座らせた。

    幸い台所にワインとチーズがわずかばかりあった。
    アンドレはワインを暖炉の火で温めオスカルに渡し 今度はチーズをあぶり 
    持参した袋の奥でどうにか濡れずに済んだパンの上に落とした。

    それを食すといくらか血色の戻ったオスカルは 倒れるように寝込んでしまった。
    彼女の頭の下にクッションをあてがい 毛布を掛け直し 
    鍵の閉まらない扉の前にテーブルとイスを寄せてバリケード築き 
    雨の吹き込む窓とオスカルの間に衝立を立て倒れないように紐で括った。
    それらがすむとアンドレはこのジャルジェ家の別荘の中を調べ始めた。
    彼はまだ眠るわけにはいかない。

    略奪の跡はむごたらしいが 屋敷そのものは破壊を免れたようで 
    窓と扉がバキバキに壊されているだけで済んでいた。
    めぼしい調度品は持ち去られていたが 地下の食糧庫の隠し扉の奥には
    何本かの極上のワインが難を逃れていた。
    それを足元に転がっていた藤籠に入れると 地下から上がり 
    かつてジャルジェ将軍が使っていた書斎に向かった。
    そこにも隠し部屋があり 銃と弾薬、それに金細工の時計と翡翠のバングル 
    サファイヤとダイヤモンドのネックレスを手に入れることが出来た。

    オスカルのもとに戻ると アンドレはようやく彼女の横でパンとワインを頬張り 
    暖炉の火でまるで自分をあぶるように温め オスカルの毛布を開き 体を滑りこませた。

    眠りはすぐにおとずれた。この嵐の中ほとんど休まずにここまで来たのだ。
    いかに軍隊で鍛えたとはいえ疲れていないわけがない。

    (つづく)

    秋の「アフタヌーンティー」はフランスがテーマ

    「アフタヌーンティー」では『LOVE FRENCHY』をテーマにした
    スイーツやパン 雑貨などが販売されます。

    限定スイーツ パンなど

    https://www.afternoon-tea.net/article/seasonal-menu/lovefrenchy-170823/

    雑貨など

    https://www.afternoon-tea.net/article/seasonal-item/paris2017_breakfast/

    暮らしの中でおフランス気分を味わえそうな企画ですね。

    ヒルトン東京でマリー・アントワネット スイーツブッフェ第2弾が開催されます

    ただ今、「マリー・アントワネットの結婚」をテーマにしたスイーツブッフェが開催中の
    ヒルトン東京で 今度は「マリー・アントワネットLa Finale」が開催されます。

    https://www.fashion-press.net/news/32935

    華やかで可愛らしかった第1弾とはまた一味違う感じになりそうですね。

    期間:2017年10月1日(日)~10月31日(火) 14:30~17:30
    料金: 1人 3,800円(こども 2,400円)、土・日・祝日 3,920円(こども 2,450円)
    ※消費税・サービス料別途

    今年も発売されます。ベルばら手帳

    デルフィーノ からベルサイユのばらの手帳が発売されます。

    今年も2種類あるようです。

    デルフィーノ ベルサイユのばら 2017年12月始まり レフトウィークリー手帳 ホワイト B6サイズ
    デルフィーノ ベルサイユのばら 2017年12月始まり レフトウィークリー手帳 ピンク B6サイズ

    どちらも素敵なデザインですね。


    「発掘!お宝ガレリア」でアントワネットゆかりの時計

    「発掘!お宝ガレリア」で
    「マリー・アントワネットに捧げられた50億円?の激レア時計!」が紹介されるようです。

    http://www4.nhk.or.jp/otakaragalleria/x/2017-08-17/21/7843/2309038/

    「発掘!お宝ガレリア▽マリーアントワネット グレースケリー 迎賓館 世界の王室展」

    放送日時:8月17日(木)午後10時00分~ 午後10時50分
    放送局 :NHK総合

    ベルサイユのばら 新コスメ

    「ハイドロゲル 目元パック」と「まつ毛美容液」が発売になります。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP453441_X00C17A8000000/

    「ベルサイユのばらハイドロゲル目元パック」
    8月14日(月)発売 1058円(税込)

    「ベルサイユのばらまつ毛美容液」
    9月18日(月)発売 1620円(税込)

    やっぱり ベルばらと言えば目が命ですね(*゚ェ゚*)

    大阪堺市で池田理代子先生の講演会

    大阪堺市で池田理代子先生の講演会が行われます。

    平成29年度 女性センターのつどい
    「私らしく生きる~オスカルに込めた思い~」

    開催日時:2017年9月2日(土)13時30分~15時30分

    市内在住・在勤・在学の方が対象で先着順です。
    もう予約が始まっています。行かれる方はお早めにお申し込みください。


    詳しくはこちら。

    http://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/shogai/kouza/shiryou_etc/shisetu/joseicenter/H29_tudoi.html

    「ベルサイユのばら」のお話が沢山聞けそうなテーマですね。

    「世界ふしぎ発見!」でベルサイユ宮殿の夜のイベント

    8月12日 夜9時からの「世界ふしぎ発見!」は
    『劇的空間 パリ誕生の秘密』です。

    へぇ~ パリかと思っていたのですが
    次回の放送内容のお知らせの写真がベルサイユ宮殿ではありませんか

    http://www.tbs.co.jp/f-hakken/next/p_1.html

    写真に添えられた説明には

    『 庭園の美しさでも世界屈指のベルサイユ宮殿
    「今回、宮殿の中は入っていないのですが
    夜に行われた素晴らしいイベントを取材しました!」 』

    と書かれていました。

    おそらく パリがメインでしょうから少しだけだとは思いますが
    さっそく 録画予約してしまいました。

    世界ふしぎ発見!「劇的空間 パリ誕生の秘密」

    放送日時:8月12日 夜9時
    放送局 :TBS

    「ベルばらすかる」新製品

    とっても可愛い「ベルばらすかる」シリーズ新製品が
    2017年9月1日(金)~10月1日(日)の期間限定「原宿ラスカルショップ」で
    先行販売されます。

    http://www.araiguma-rascal.com/harajuku2017/

    気になるのは

    『一般発売に先駆け、グッズの販売を行います。
    東京駅地下の(株)バンダイ直営ショップ
    「オトナ女子美日和(びより)」以外での販売は初めてです』

    というところ。

    それってこれからは東京まで行かなくても
    「ベルばらすかる」が買えるようになるってことでしょうか?

    そうだとしたらとても嬉しいですね。
    もちろん今まで売られていた「オトナ女子美日和」商品は買えないでしょうけれど。

    「ベルばらすかる」はとっても可愛いので
    ぜひ ぬいぐるみ作って欲しい。それもお着替えできるのが良いですね。

    かつらや小物で ワイングラスや剣、バラを持たせたりして
    隻眼Ver おりぼんVer ドレスVer いろいろ変身させて楽しめたら素敵ですよね。

    今後の商品展開も楽しみにしています。

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR