ゼクシィ2月号 考察 part1ー企画ー

    もう 皆様 ご存じゼクシィ2月号の『愛と波乱の結婚準備ダンドリBOOK』

    幸せ~♡

    わたしも ようやく手にして 幸せに浸っております。
    今日から3回に分けて この幸せな想いを お伝えしたいと思います。

    まずは 今回の ”企画” について
    実に絶妙な ”企画” だと思いました。

    見果てぬ夢であった 池田理代子先生による アンドレ君とオスカルさまの結婚式
    けれど 本編で見事な最期を遂げてしまった二人には 
    続編として結婚する話は作りようがないでしょう。

    となるとKidsのような 異次元ワールドか 天国でとか 夢落ちとかになります。
    実際 Kidsでは アンドレは 妄想しまくりでした。

    結婚した~い
    甘い新婚生活

    これ以外にも それっぽいお話はいくつかありました。
    (中にはジェロさまに二人で嫁ぐなんていうのも(^_^;)
    でも 所詮は3頭身ファンが見たいような絵にはなりにくい。

    シリアスで たとえばベルばら関連本の企画として 
    天国であれ 夢落ちであれ 描いて頂けたら良かったのかもしれませんが 
    今回の企画に寄せられた理代子先生のコメントに

    このシーンを描いた際「居てもたってもいられないほど気恥ずかしくなってしまい、
    思わずセリフを入れてしまった」

    とありました。それを聞いて 自分もこの年になって娘が恋愛ドラマを見ている横にいると
    気恥ずかしくなって ついよけいなことを口走り
    「黙っといて!!」と娘に叱られたりしていることを思い出しました。

    先生のお心など わたしごときが分かろうはずもないのですが 
    もしかしたら 先生も甘々な雰囲気は少し照れてしまわれるのではないかと思いました。

    そう考えますと ガッツリ シリアスに二人の結婚を描くことは難しい。
    けれど今回のゼクシィの企画なら軽いノリで コメディタッチで仕上げることができます。
    その上 Kidsと違い ここ一番はシリアスに描くことができます。まさに絶妙。

    そして 今という時も 良かったと思います。
    エピソードシリーズで 先生の筆が乗ってきている頃ですから。
    もしこれが 少し前なら これほど嬉しいと思えなかったかもしれません。

    ベルサイユのばら連載時から42年。この先 残念ながら それほど多くを望めないでしょう。
    このタイミングでこの企画をしてくださった「リクルートホールディング」様 
    そしてそれを受けて描いてくださった池田理代子先生

    素晴らしい結婚式をありがとうございました。




    スポンサーサイト
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR