遅咲きのばら達ー3-

    「レモン ばらが咲いたね。」
    アンドレが近寄りながら声をかけた。
    「今度のばらも綺麗だね。」
    「うん。ようやくできたよ。"ナタリー"」
    「えっ じゃっこれが レモンが作りたかったばらなの!」
    アンドレはまじまじと そのばらを見つめた。

    「凄いじゃないか。ついにやったんだね。」
    アンドレはレモンの手を取った。
    「ああ やっと やっとな・・・」

    アンドレとレモンは しばし ばらを見つめた。
    「アンドレ」
    「うん?」
    「おれにも 奇跡が起きるだろうか?」
    アンドレはレモンの目を見て
    「思い通りのばらが出来るのは奇跡かもしれない。
    けれどその奇跡は起こそうと 長年レモンが頑張ってきたから起きたんだ。
    何もしなければ 結果も出ない。」

    今度はレモンがアンドレの目を見て言った。
    「そうだな。」
    アンドレはその言葉の中に固い決心を感じた。

    (つづく)
    スポンサーサイト
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR