アニメ版ベルサイユのばら萌え語り(27)べルナール

    アニばらのべルナールはロリコンではありません(笑)

    まっすぐに民衆を思う 正義感溢れる青年です。

    おれの辞書に 間違いはあっても迷いはない

    パリの街で親を馬車で引き殺された 見ず知らずの少女を助け
    貧しいものと 新しい時代の為に 義賊になります。

    最初から最後まで 彼は革命の理想を行動の指針としますが
    彼のまわりの革命家がすべてそうだとは限りません。

    それでも 現実と人間の心の醜さもすべて承知のうえで 
    彼は自分の理想に向かい迷いなく進んでいきます

    後に 革命の悲惨ななりゆきを目撃し この革命の真実の一端を残すべく
    「フランス革命小史」という本を書きます。

    その姿は彼が単なる理想主義者ではなく 現実にしっかり根ざしつつ
    人間の醜さ 民衆の愚かさを承知のうえで それでもなお
    いつか来るであろう 理想の世界のために 
    できることをしようとしているような気がします。

    理屈や理想だけでは 現実は変わりはしない。
    人は必ずしも 清いわけではない。
    それでも めざすところは自由と平等と友愛に満ちた世界。

    「革命は筋書ではありません セーヌの流れのごとく
    大衆の心のままに 進み おこなわれるものと 私は信じます」
    このべルナールの言葉が彼を表している気がします。

    今日の放送は第39話「あの微笑みはもう還らない!」

    http://www9.nhk.or.jp/anime/versailles/

    原作になかったアニメオリジナルストーリーの中で
    もっとも 切なく もっとも 哀しく そして 美しいエピソードです。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: タイトルなし


    そうでしたか。何度かコメントをいただいているのですね。
    便宜上、よく使われるお名前なので どれがそうなのか分からないのが残念です。
    (同じお名前で あきらかに雰囲気の違うコメントもありましたから複数の方が使ってらっしゃるのだと思います。)
    もしよろしければ 次回からは別のお名前でコメントを頂けたら嬉しいです。

    原作とアニメは確かにいろいろ違いがありますね。わたしも別物として楽しんでいます。

    ラスト3話は分かっていても泣いてしまいますよね。さらに私は37話の肖像画のシーンでも泣いてしまいます 。゚(゚´Д`゚)゚。

    コメントありがとうございました。

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR