アニメ版ベルサイユのばら萌え語り(33)新生アニばら

    「ベルサイユのばら」という作品は
    人間の誕生から死までを ダイナミックな歴史を舞台に描いています。

    さらに 女でありながら 男でもなければならなかった オスカルの登場により
    複雑な心理状態を表現していながら その決定的な答えは読者に委ねられているのです。

    読者は オスカルはきっと こんな風に考えたのではないだろうか。
    きっと こんな気持ちだったのではないだろうかと
    無意識のうちに 考えさせられてしまうのです。

    そんな作品ですので いろいろな解釈が生まれます。
    その解釈の一つがこの「アニメ版 ベルサイユのばら」なのではないでしょうか。

    だとすれば 世代が変わった今のアニメーター達が
    どんな新しい解釈をするのか興味があります。

    アニばらは40回という短い中で オスカルの誕生から死までを 丁寧に描いています。
    原作はアントワネット フェルゼンも加えて3人が主人公だったのに対して
    アニメではより中心をオスカルにすえ 結果 彼女と関わりの深い
    ジャルジェ将軍 アンドレ ジェローデル アランなどの出番が増えた感があります。
    それにより 原作とは違った味わいがありました。

    さらに動きと音のあるアニメの特性を 存分に生かし 
    オスカルの活躍がより迫力あるものになったことも 
    ファンとしてはアニメになって良かったと思う点です。

    本当に素晴らしいアニメだと思います。

    だから 私はリメイクではなく 新生という言葉を使いたいのです。
    アニばらは素晴らしく、これは何も変えてほしくない。

    だから「ベルサイユのばら」を再アニメ化するのであれば 
    全く白紙の状態から作るべきだと思うのです。
    新しい観点から原作を読みとき 新しい感性で生み出されるまったく新しいアニメ。

    新生アニメ版 ベルサイユのばらがわたしは見たいのです。

    イメージを壊されたくないとか 色々意見もあるかと思います。

    しかし、あるものは見ないという選択ができますがないものは選択の余地がありません

    こちらのブログをご覧の方は 多かれ少なかれ 二次創作に興味をお持ちと思います。

    二次創作をあちらこちらで ご覧になって 「この二次創作はここが好きだけど ここは嫌い。 
    あちらの二次創作は絵は上手だけど 文章はいまいち」など
    全てが気に入っている二次創作など めったにないという実感を
    お持ちの方が大半なのではないでしょうか。

    そのなかでも 気にいった部分もあるからこそ みたいのですよね。
    そして 自分の気にいったものを見つけるには
    選択肢が多い方がいいに決まっています。

    お洋服でも いろいろなサイズやデザインがあるからこそ 自分にあったものが選べるのです。
    もし 一種類しかなかったら 多くの人は楽しい気分にはなれないでしょう。

    アニメは強要されて見るものではありません。
    嫌ならば見なくてもいいのです。

    もしかしたら 新しいアニメは自分の感性にあうかもしれないのに
    その可能性をなくしてしまうのは 非常に残念なことです。

    わたしは ぜひとも また 動くオスカルさまが見たいのです。 
    新生アニメ版ベルサイユのばらが作られることを強く望んでいます。

    永遠の愛を…


    さて、長々、独断と偏見で萌えを語ってまいりましたが 今回が最終回です。

    とはいえ これで 自分の萌えを全部出しきったとは思えませんでした。
    実際は 話のテンポや ネタバレへの配慮
    (それでも だいぶネタバレしちゃってましたが(^_^;)
    力量不足 知識不足 などのために 語れなかったことが けっこうありました。

    さらに これは原作の「ベルサイユのばら」でもいえることなのですが

    新たな萌えが次々湧いてしまうのできりがないのです。

    アニばらは見方によって 色々な解釈ができてしまう作品です。

    おそらく見る人の年齢や立場(学生だったり 会社員だったり 親になったりなど)が変わると
    前に見た時とは違う感想をお持ちになるのではないでしょうか。

    否、 そんなに大きく環境が変わってなくとも 
    一度目より 二度目 三度目はより深く味わえるので
    新たな感動があるかもしれません。

    そのような作品ですので これからも きっと わたしは死ぬまで 
    新しい萌えを発見するのでしょう。

    こんな素敵な作品に巡り合えたことを幸運に思います。

    そして このような作品を作ってくださった方々に深く感謝いたします。
    ありがとう ございました。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    同感です。

    いつもお世話になっております。
    UP感謝いたします。

    「新生アニメ版 ベルサイユのばら」

    私も、前から期待しながら、待っています。(笑)
    「地球へ・・・」「キャシャーン」「宇宙戦艦ヤマト」等が、アニメリメイクされた時には、次は「ベルばら」?!と、内心ワクワクしてたんですけどね。
    べるばらが、35周年・40周年と企画が大きくなり、コラボ商品、そして原作者様のまさかの二次作品を拝ませてもらえるとは、思っていませんでした。
    が、最後は撃沈・・・「選びませんでした。」

    でも、動くオスカルとアンドレを観たいです。
    その想いは数年前にベルばらパチンコの動画や劇中歌?を知ってから、よりいっそう強くなりました。
    パチンコ、しないのですが。(パチンコ店の空間が無理。)
    たまたま縁があり、パチンコを購入しました。(薔薇は美しく散る)
    めちゃくちゃ重くて・・・当時は、必死に車の中に運び→家の中に運びこんだのですが。
    音がうるさ過ぎて、自宅での起動はほとんどしてません。(涙)

    最新作の「CRベルサイユのばら 遙かな時を超えて」の画は、同じなような気もしますが、違うような? 
    声優さんも、ちょっと無理かなぁ。
    (原作よりアニメが先だったので。志垣アンドレと田島オスカル等、完璧なのだ。ちなみに劇場版アニメの戸田様は、当時いろんな方の声優やりすぎです。)

    と、色々おもうところありますが・・・
    新生アニメ、見てみたい!!!ですね。(*^▽^*)

    Re: No title


    お役にたてて 良かったです。

    そういえば ありました 映画化の話。2007年ごろ東京国際アニメフェアでパイロット版が上映されましたよね。おっしゃるように音楽の担当がYOSHIKIさんでした。絵も綺麗でわたしも楽しみにしていました。あれから何もないままもう9年も経ってしまったのですね。実現していればきっと名作になったでしょうに…。何が原因で立ち消えてしまったのでしょうか。

    その話が復活する望みは少ないのでしょうが、「ベルサイユのばら」は人気の高い作品ですから、また新しくそういうお話が出るかもしれないですね。希望を捨てずに待ちたいと思います。

    コメントありがとうございました。

    Re: 同感です。


    こちらこそ、ご訪問ありがとうございます。

    凄いですね!パチンコ台を持っていらっしゃるのですか?!
    卓上パチンコなどもあるようですが わたしにはちょっと手が出ません(涙)

    わたしもパチンコ店には最近は行きませんが 動画などで見ています。
    パチンコアニメは軽い感じがしますが、TVアニメより原作似になっている感じがします。
    声は何となく宝塚風なのかな。わたしもアニメから入ったので志垣アンドレと田島オスカルが最強です。ですから、劇場版を見た時は「何だこれは???」と驚きました。チャンネル5・5のように絵が全く新しいものならそれほどショックはなかったかもしれませんが。あのオスカルとアンドレの声はもう私の中で定着していたので違和感が半端なかったです。

    >べるばらが、35周年・40周年と企画が大きくなり…

    ファンの感想はともかく(笑)エピソード7が掲載されたマーガレット2号は凄い売れ行きのようですね。アマゾンで新品が売り切れなんて。コラボ企画の方も「アクアスキュータム」は前年同期に比べて一割以上も売り上げを伸ばしたとか。漫画掲載の冊子は2万部が一ヶ月でなくなったそうです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-00000571-san-bus_all

    「ベルサイユのばら」のこうした人気が業界で認められれば アニメ化も夢じゃないかもしれませんね。

    コメントありがとうございました。
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR