「一声入魂!アニメ声優塾」

    NHK Eテレ 「趣味どきっ!」の8~9月の火曜日は、
    豪華声優陣を講師に招き、「一声入魂!アニメ声優塾」というテーマで放送されます。

    http://www.animate.tv/news/details.php?id=1436420410

    で、何が「ベルばら」なのかというと

    毎回、各界のゲストが参加して「ベルサイユのばら」のアフレコに挑戦するらしいのです。

    どんな方々が誰のアフレコをするのでしょうか?
    写真には 足立梨花さん 山本耕史さん のお姿が。
    第1回はおそらく この方々だと思われます。

    ちなみに第1回の講師 野沢雅子さんは 
    アニメ版「ベルサイユのばら」の声優をされています。

    第39話に出てくる 吟遊詩人の息子さんの声を担当されました。
    死んでしまった父ちゃんをセーヌ河まで運んでいたあの美少年です。

    当時のお話が少しでも聞けたら嬉しいですね。

    第1回は8月4日(火) 21:30 から NHK Eテレ で放送予定です。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    なんと豪華な!

    青林さま、おはようございます。
    またまた、すごい変化球でましたね(笑)
    講師の方々の豪華なこと!!!
    そうそう!野沢雅子さんも吟遊詩人の息子役で、ご主人の故・塚田正昭さん(ダグー大佐)と共に、アニばらを盛り上げてくださいました。
    古川登志夫さんも、美しきテロリストサンジュスト(衛兵隊とかも)を演じておられましたよねー!
    もし、そこでアニばらが素材で使われるなら、当時のお話聞かせてくださると、嬉しいですね。
    夏休みの楽しみが増えました!ありがとうございました。

    Re: なんと豪華な!


    古川登志夫さん 衛兵隊の声をやっていたのですか!知りませんでした。
    それにしても 豪華という言葉がぴったりですね。
    名前でピンとこなくても 声をきくと
    「あ~あの…」と多くの人が思い当るような方々ばかりです。

    そうですね アニばらのアフレコがあるので
    わたしも野沢雅子さん 古川登志夫さんからは
    何か聞かせていただけることを期待しています。

    他の講師の方々も アニばらについて 
    ひとことコメントがあるのではないかと思います。

    わたしも番組をすごく楽しみにしています。

    楽しみがいっぱい!

    こんばんは〜

    今朝、こちらの記事を読んだ後
    TVをつけると
    なんと野沢雅子さんが
    あさイチという番組に出演していて
    もーびっくりしましたΣ(o''д''o)ハッ!!

    アニばら39話に出てるとのことで
    動画探して確認したら
    いい味出してる〜
    オスカル様の寂しそうな表情…泣

    これからコミックや雑誌もあるし
    ベルばらメモして忘れない様にします♡

    あ、青林さま
    後半からのアンドレの妖しい魅力
    なるほど…分かりました( ̄∀ ̄*)

    Re: 楽しみがいっぱい!

    なんですと!見逃しました 残念…

    アニばら39話 涙無しには見られません。
    アンドレが亡くなった夜の事はアニメオリジナルのエピソードですが
    すごく切なくて 哀しくて 美しいですよね。

    アンドレの妖しい魅力 分かっていただけて嬉しいです (〃∇〃)ゞ

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR