袖すり合うも多生の縁<35>

    アンドレの部屋から 小走りに部屋の戻ったオスカルは ソファに身を投げた。
    顔が火照ってくる。先ほど見た官能的な場面はオスカルには刺激的すぎた。

    それでも オスカルは思考をフル回転する。

    "なるほど あのくらい はっきりしないと 男性を刺激することはできないのだな。"

    あれに比べれば 今まで自分のしてきたことなど 確かになんてことはない。
    ちらりと風で足もとが見えただけで興奮する 過敏な男もいれば、
    下着姿くらいでは動じない男もいるのだろう。おそらく、アンドレは後者なのだ。
    となると 彼の官能を引き出すためには 相当な覚悟がいる。

    オスカルはソファの上に胡坐をかき 手を顎に当てて 深く考え込んだ。

    "だが いきなり あれをやったら 変質者扱いになりそうだ。"

    いくら アンドレでも 引いてしまうだろう。それに…
    オスカルは襟元を引っ張って 胸元を覗き込んだ。いまいちこれでは心もとない。
    どうしたものか…

    ふっと さっき見たDVDの中にだいぶ前に見たことのある映画があったのを思い出した。
    タイトルは『となりの君と僕』

    慌ててパソコンを立ち上げ 検索してダウンロードした。
    だが この映画は純愛もので その手の映画ではなかったと思っていたのだが。

    ともかく見てみる。

    "あっ これだ!"

    この映画は一応、正統派ラブロマンスなのだが 一か所だけ刺激的なシーンがあった。

    主人公とヒロインがお互い好きなのに 意識しすぎてなかなか 前に進めず 
    友達以上恋人未満な関係がじれったく もじもじ続く。
    切ない恋心を詩的に美しい映像とともにえがいていくのだが、ラスト 
    それまで指先がふれるだけで顔を赤らめていたヒロインが トンデモない行動にでる。

    なんと 下着も付けず 彼のYシャツだけを纏って 彼のベッドの中で 待ち伏せするのだ。
    彼が帰ってくる気配がすると ヒロインは寝ている振りをしながら 体をくねらせる。
    その光景に 主人公は釘づけになる。
    彼の視線を十分に感じたヒロインはゆっくり片足から膝を立て始める。
    カメラワークはヒロインの頭側からになり 
    ヒロインの白い膝頭越しに一点を見つめる彼の恥ずかしげな顔が印象的だ。

    やがて もう一方の膝が上がって来て 二つの膝が一度合わさってから ゆっくり開いて行く。
    彼は真っ赤になりながら 引き寄せられるように近づいてくる。
    カメラはヒロインの恥じらいながらも 幸せそうな微笑みに切り替わり 画面は暗転する。

    次のシーンでは真っ白なウェディングドレスを着たヒロインが
    彼にお姫さま抱っこをされて 教会から出てくる。
    画面いっぱいに爽やかな幸せが溢れ、
    ヒロインが投げたブーケが青空をバックに舞い上がって静止画になり終了するのだ。

    "これだ!これしかない!"

    "これでだめなら 諦めるしかない だが うまくやれるだろうか?"

    いつになく 弱気な自分にカツを入れる。

    "やるしかない!少なくともアンドレが女の子に
    ちゃんと興味があるって分かっただけでも、希望があるじゃないか"

    オスカルは拳を握りしめ 月を見上げた。

    あの鈍感男には これくらいしないとダメなのだろう。
    幸い わたしは常日頃からあいつの部屋に出入りしている。同じシチュエーションが可能だ。

    実はオスカルは知らなかった。
    この国で配信されている『となりの君と僕』はカットされているシーンがあることを。
    マリア・テレジア様の意向で厳しく規制されているのだ。
    アンドレが持っている外国製DVDには 
    暗転している所にポルノすれすれの官能シーンがばっちり入っている。

    (つづく)
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR