「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語

    『「ベルサイユのばら」で学ぶフランス語』を購入しました。

    このお二人が並ぶと本当に華やか、オスカルさまは最高の騎士ですわ♡

    華やかな表紙ですね。裏も素敵です。

    あんなシーンやこんなシーンも例文につかわれちゃったアンドレ君

    残念ながら 私は2006年版をもっていないので比較ができませんが、
    『「ベルばら」こぼれ話』は 変更があったようです。
    何故なら 『「ベルばら」こぼれ話 ・フランスのmanga事情』の
    文中に2012年の話が出てくるからです。

    『「ベルばら」こぼれ話』は他には

    ・Le Shojo Mangaと「ベルばら」ファン
    ・アントワネットとフェルゼンのネット・サーフィン

    の2つが書かれています。

    その他の内容もベルばらファンなら萌える素晴らしいものでした。

    中は「ベルサイユのばら」づくし。
    例文は思わずムフフとなってしまう あのセリフ このセリフ

    たとえば「疑問文の作り方」で紹介されているのはこのセリフ

    愛情表現の章にも登場したかったですね。

    「あなたは バラの花びらを たべるのですか?」

    こうきますか(笑)
    さらにこの章には バラに関するコラムまで付いているんです。

    言葉にカタカナがふってあるのが嬉しいですね。
    もちろん、正確な発音はできなくても なんとなく口に出したくなっちゃいます。

    もし 本当にジェロさまがいたら こんな言葉で オスカルさまに話していたのね
    なんて 妄想しながら 読んでしまいます。

    この本では フランス語を通してさらに「ベルサイユのばら」の世界を
    より深くよりリアルに感じることができます。

    まだパラパラ見ただけですが いろいろなコラムがちりばめられていて
    面白そうです。

    この本で ばっちりフランス語がマスターできるというわけではなく
    フランス語って こんな言葉なんだと感じることのできる本だと思います。

    わたしはフランス語はさっぱりなのですが(というより外国語は何にもできません)
    とても分かりやすく 楽しく学ぶことができそうだと感じました。

    定 価:1400円+税
    出版社:朝日新聞出版
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    こんなのもでるようですよ

    Re: こんなのもでるようですよ

    こっこれは!なんか凄そうですね!
    まだまだ詳しい事は解りませんが いろいろ検索してみるとどうやら スケジュール帳というより日記帳のような感じかもしれません。(スケジュール帳はもうありますものね)

    カラー8Pが入るそうですが出版元が集英社なだけに描き下ろしか、もしくはモノクロに色をつけたもの、そういう今までなかったカラーPを期待しちゃいます。

    365日分の名セリフにはエピソード編も取り上げられるようです。
    通販サイト(http://www.chara-ani.com/details.aspx?prdid=B15A14177)には「人生のヒントとあなたへの質問が入っています。」と紹介している所もありとても気になります。

    もう少し具体的な情報が出ましたら ぜひ記事にしたいと思います。
    いつも、とっても耳よりな情報をありがとうございます\(o^▽^o)/

    ご報告で〜す♪

    青林さま、こんにちは。いつも、楽しませていただき、ありがとうございます。
    やっと、時間がとれましたので、またまた、お邪魔いたしまーす。

    フラ語本、ご覧になられたとのこと。私も遅ればせながらようやく手にいれました。
    少しだけですが、ご報告です。

    当初アマゾンで、本の厚さに違いがあるような表記がありましたが、2006年版とほぼ同じ大きさ厚さのものでした。
    ページ数は、中表紙、池田先生の「本書に寄せて」からはじまり、
    191ページの「参考文献」に至るまで、完全に一致しています。

    変更箇所は、『「ベルばら」こぼれ話』182〜190ページの内容と、
    それに伴う原作からの抜粋イラスト、
    一部(「ベルサイユのばら」単語帳など)のカタカナ発音表記をリエゾンしたものに変更…といったところでしょうか。
    (当然ですが、表紙、裏表紙は全く変わっています)

    2006年版「こぼれ話」は、
    『フランスmanga事情』、
    『le Shojo漫画とフランスベルばらファン』、
    『オペラ座と舞踏会』、
    『アントワネットとフェルゼンのネット・サーフィン』 の4本でした。

    改訂版では、『オペラ座と舞踏会』が丸々削られています。
    そのぶん、他の3本のこぼれ話が、10年間の時代の変化を加味した内容に変更されています。

    『ネット・サーフィン』2006年版では、フェルゼン日記などが公開されているサイトや、アントワネットのファッションに関するサイトが紹介されていましたが、いずれも閉鎖されているため、今回はそれが「シアンス・エ・アヴニール」と「マダム・ギヨティーヌ」のサイトに変わっているようです。(「ディアロギュス」はそのまま。紹介文もほぼ同じでした)


    例文も、わざわざベルばらキャラの名前に置き換えられていて、思わずクスッと笑ってしまうようなものもありますよね。

    これを機に、フラ語の勉強も再開しようかなー?! なんて思っております。

    Re: ご報告で〜す♪

    少しだなんてとんでもない!こんなに詳細に教えていただきありがとうございます
    さっそく記事にさせていただきました。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    2006年版をお持ちで購入を検討されている方にはすごく参考になったと思います。

    いつか フランス語が話せるようになったらいいなと思いますが
     不定詞? 冠詞? なんですかそれ?
    と頭を抱える人間なのでやっぱり無理そうです。

    そんなわたしでも、この本には「ベルサイユのばら」が散りばめられているので 
    それにつられて(笑)少しずつ読んでいます。

    ロゼ様 コメント ありがとうございました。

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR