祝福に満ちた日

    「ベルサイユのばら」で「三ヶ日」と言えば

    『オスカルさまとアンドレが結ばれた日』
    『アンドレの命日』
    『オスカルさまの命日』

    の事なのだとはわかっているのですが

    私にとっては

    『オスカルさまとアンドレが結婚した日』
    『オスカルさまとアンドレが帰ることのない新婚旅行に旅立った日
     あるいは新居に入られた日』

    という感じで まさに ”祭” もしくは ”祝福にあふれた日” なのです。

    雑誌連載当時のファンではなく アニメから入った私は読む前から
    オスカルさまもアンドレも死ぬんだなと なんとなくわかっていました。

    だって 本屋さんに並んでるコミック8巻には
    「神にめされて・・・」って副題があるし
    表紙の絵もそれっぽいじゃありませんか(笑)

    だから オスカルさまとアンドレが亡くなったシーンを初めて読んだ時は
    ”やっぱり 死んじゃったんだ・・・”って感じで、それほど悲しくなかったのです。

    予想していなかったシーンに感動したのはその後でした。
    おそらく亡くなっているであろうばあやの上に
    アンドレと すっごく幸せで満足そうに微笑むオスカルさま。

    ”ああ 良かった! ちゃんとアンドレと再会して幸せなのですね!
     良かった 良かった おめでとうございます。オスカルさま アンドレ”

    まるで結婚式を見ているかのように胸が熱くなって 
    祝福の気持ちでいっぱいになりました。

    その初見のイメージが私の「三ヶ日」感になってしまって
    命日という、本来なら死者に想いを馳せて悼む日という感じが
    すっかり 無くなってしまったのです。

    今年もお二人が結ばれた記念の日をお祝いして
    「過去と未来のわたし」UPしました。

    革命を生き延び身も心も固く結ばれ、いい夫婦になられた
    42歳のオスカルさまと43歳のアンドレ君のお話です。

    あまりにおバカなお話ですので ブログでは連載せず サイトにだけ制限付きでUPします。
    そんなんでもみてやるかと おっしゃって下さる心の広い方は
    その他の一番上をご覧になるか、こちらの直通リンクからお入りください。

    http://ryokufuseirin.web.fc2.com/kakotomirainowatasi/kakotomirainowatasi1.html

    パスワードは

    ユーザー名:seirin
    パスワード:chocolat

    です。コピーして貼ると、エラーすることがあるようです。
    その時はお手数ですが直接入力してくださいね。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR