ベルサイユのばら 音楽集 [完全版]【初回プレス限定スリーブ付】<5>Disc3

    ついに、号泣覚悟のDisc3のお話です。

    前回のDisc2が1話~20話が中心であったため
    切ない曲があっても、明るく楽しい曲調のものもそこそこあるため
    「くすん・・・」くらいですんでいた涙が
    Disc3では「わぁー」と声を上げたくなるくらい泣けてきます。

    出だしはやはり『アバンタイトル』
    DIsc2に収録の曲とは違うバージョンです。

    そしてDisc2 同様、ストーリーを追うように テーマごとに曲が流れていきます。

    あの偽黒い騎士が活躍する場面の
    運動会みたいな曲ももちろん入っています。
    その名もずばり『黒い騎士』

    その後も後半の名場面を彷彿とさせる 曲が次々に流れ
    ラストを知っているだけに いやがうえにも 胸が熱くなり
    気が付けば泣いていた、もしかしたら耐え切れず一度CDを止めてしまったという人も
    いるのではないかというくらい迫るものがあります。
    (私は実はDisc2ですでに途中止めしちゃいましたw)

    アニメを見るのと違って、あの切ない名場面を連続して次々見せられるようなものですから。

    そして、オスカルが亡くなった時に流れた曲『オスカルー永遠にー』が流れるのです。
    さらに すばらしいことにこの後に『麗しき人よ!』が流れ
    気分を救い上げてくれて 大作を見きった後のような清々しさと満足感を味あわせてくれます。

    その後『愛の光と影』『薔薇は美しく散る』などが流れていきます。

    そして、最後に収録されているのが『MEコレクション』
    これがめちゃくちゃ良かったです。

    これはセリフが無くて音楽と足音とか食器の効果音だけが入っているのですが
    セレクトされているのが 本当に名シーンばかりでした。

    シャルロットのあのシーンなんか 例の音が入っていて…

    キャ━━━d(○`□´○)b━━━!!

    オスカルがピアノを演奏するシーンもここにあるのですが
    食器のカチャという音なんかが この後起こることを知っている人には

    ブルブル・・・((((;゚Д゚)))))))

    もちろん、そのシーンはありませんが、この後悲嘆にくれるアンドレが飲んだくれて
    吟遊詩人と語らうシーンがあります。そうですあの手風琴の調べが聞けるのです。

    水音がまた物悲しくて・・・

    そしてこの「MEコレクション」のラストが
    つまり「ベルサイユのばら 音楽集」の最後の曲が
    アンドレが懸命にオスカルの肖像画を語るあのシーンなのです。

    なんて なんて 素晴らしいエンディング。

    こうして聞き終えてみると 本当に切ない曲が多くて 
    泣いてしまいました。

    しばらく 脱力してしまうくらい・・・

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR