ドラクエ7 SS 「二人の力で…」<3>

    < とどめを刺しますか? >

    >はいを選択

    アルスは泣きながら 水龍の剣を握り閉める。

    (よし!アルス その剣で真っ直ぐオレを貫くんだ!)

    「わあぁぁぁぁ!!!!」
    深く魔王に体当たりするようにアルスは剣を突き立てた。
    ほんの一瞬キーファの姿が見えた気がした。
    彼は笑っていた。

    (良くやったな!アルス)

    魔王は砕け散った。

    >エンディングへ



    >いいえを選択

    「だめだ!やっぱり出来ないよ…」
    アルスの腕から水龍の剣が音を立てて落ちた。
    「うう…えっえっ…」

    (しょうがない奴だな。お前)
    アルスは心の中で反論する。
    (しかたないだろ、ボクは君がいなきゃダメなんだ!)
    (そうだな、オレもだ。オレ達まだまだ半人前だもんな)
    (へっへっ…父さんにもよく言われたよ)
    (じゃ、二人でやるか)
    (?)
    (力を貸してくれ。アルス。マホトラ!)

    アルスの魔力が吸い取られる。

    (何を!?何をする気だ?!キーファ?!)
    (オレさ、魔力が無いんだよね。けど、魔王と同化しているから今なら使える。
    魔王の魔力では自由にできなくても 
    アルスの… アルスの温かい魔力ならきっと使える!)
    (まさか?まさか! イヤダ!そんなの! 
    そんなのイヤダよ!キーファ!!!!!)
    (さすがはオレの親友。オレの考えがわかったのか。
    お前の魔力でオレが死ぬんじゃないぞ。二人で魔王を倒すのさ)

    (メガザル!!!!!!!!!!!)

    「ぐおおおおおおおおおお!!!!!!」
    けたたましい咆哮を上げながら 魔王苦しみだした。

    魔王に追いすがろうとするアルスを 
    メルビンと仲間たちは必死の力で抑え込んだ。

    ― そんなに泣くなよ。アルス。

    ― オレはお前にそんなに思ってもらえるような人間じゃない。

    ― 家族も 国も 自分の責務も みんな投げ出して 好き勝手してたんだぜ。

    ― そのあげく こんなになっちまったって言うのに 

    オレは 冒険の旅に出たことを 後悔してないんだ
    だって 本当に 最高に 楽しい時間だったからさ!

    ― こんな身勝手な奴に 涙なんか流すなよ。アルス。
    神様に許してもらえるなんて思ってないけど もう一度 お前と旅ができたら…

    魔王は砕け散り、その爆風がアルスの涙を吹き飛ばしていく。

    >エンディングへ

    (つづく)

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR