天使のくれた七日間ー2-

    光だ 眩しい。目が見えなくなって以来 こんな強い光を感じた事はない。
    恐る恐る目を開けて見ると 天使が立っていた。
    だがアンドレは目の前で微笑む天使より
    背後を走り去っていくオスカルを見つけ慌てて駆け出した。
    「おねがいだ 撃ってくれ!!撃ってくれ~っ!!」
    (オスカル!!)
    アンドレは叫んでオスカルを抱き止めようとした。

    スゥー

    何も無いかのようにオスカルはアンドレの体をすり抜けていった。

    (!?)

    直後オスカルはアランに捕まり地面にくずおれた。
    アンドレはオスカルに触ろうとしたが手はオスカルをすり抜けてしまう。
    (いったい これは・・・)
    (やれやれ 困った人ですね。)
    背後で声がした。振り返ると先ほどの天使が微笑んでいる。
    (え!?天使? あれ おれ目が見えている!)
    アンドレはようやく異常な事態に気づいた。
    (さて アンドレ大事な話をするから 良くお聞きなさい。)
    天使は透き通った綺麗な声で言った。アンドレは改めて天使を見た。
    金色の巻き毛  青天の瞳 透ける肌 いかにも"ザ・天使"である。
    オスカルに似ているなと思った。それとどこかで見た気もする。
    きっと普通の人ならこの天使の美貌に畏怖の念さえ抱き ありがたがるものなのだろうが 
    アンドレは日常的にオスカルを見ていたのでさほどでもなかった。

    (おめでとう あなたは天寿を全うされました。
    神の試練を乗り越えたあなたには 天国の扉が開かれています。)
    泣き崩れているオスカルのそばに座り込んでいる アンドレにクスッと天使は笑った。
    (けれど 人というのはいつ自分の命がつきるのか知らされていません。
    なのでいろいろ心残りも未練もありましょう。神はお恵みを下さっています。
    天国の扉の開かれた者は 七日間の猶予が与えられます。
    まっ 簡単に言えばすぐ天国に行かなくて良いってことです。)
    あれ急に砕けた言い方になってきたな。とアンドレは思った。
    (七日間の間いつでも天国に行けます。
    今からでも 七日後でも行きたくなったらわたしを呼んでください。
    天使さ~んてっ呼べば良いんですよ。ただしわたしの担当はあなただけじゃないので 
    多少遅れる事もあるかもしれませんが。それと七日目には天国に必ず行ってもらいます。
    もしこれを拒むとあなたの魂は地上に縛られ 永遠に彷徨う事になるかもしれません。)

    それって地縛霊?

    (とはいえ あなたはもう肉体がありません。魂のみです。わかりやすくいうと
    空気の塊みたいなものです。従って普通は生きている者に 触る事も声を聞かせる事もできません。
    でも存在はあるので空気が振動して 音をだしたり風を起こしたりするようにして
    敏感な人などには気付いてもらえるかもしれません。)

    霊感のある人ってことか。

    (どのみち あなたは死んじゃっていますから 何も出来ないも同然です。
    まぁこの七日間は死んだ人本人の"心の整理期間"とでもいったところでしょうか。)

    はぁ~それって気休めみたいなもんか。となりで盛大に嘆いているオスカルを見て 
    アンドレはため息をついた。こんなに近くにいるのに何も出来ない。
    (それと天国からでも下界の様子は見られます。
    そうそう天国に行ったら生まれ変わる選択もありますよ。
    色々条件 特典などがありますので 詳しくは天国に着いてから訊いてください。
    わたしの専門外ですし。何か質問は)
    (今は特にありません。)
    (よろしい。では何かあれば 天使さ~んてっ呼んでくださいね。それでは悔いのない七日間を)

    そう言うと天使はふわりと空に舞い上がった。 それを見送って やれやれとオスカルを見た。
    あまりの嘆きようにアランもベルナールも 何ともできず立ち尽くしている。
    おれはオスカルの上に覆い被さるようにした。
    もうどうしてやることもできない。おれが空気みたいなものなら
    せめておれで包んでやろうと思った。
    スポンサーサイト
    sidetitle最新記事sidetitle
    sidetitleプロフィールsidetitle

    青林

    Author:青林
    ”ベルサイユのばら”の二次創作サイトを作っています。ぜひ遊びに来て下さいね。

    青林サイトへ

    ただいま、コメントへのお返事は基本的にはしておりませんが、頂いたコメントは大切に読ませていただいています。ありがとうございます。

    sidetitleカレンダーsidetitle
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    sidetitleカテゴリsidetitle
    sidetitleリンクsidetitle
    sidetitle月別アーカイブsidetitle
    sidetitle検索フォームsidetitle
    sidetitleQRコードsidetitle
    QR